実装済み]XPLデザイン変更案

カスタムCSSで変更のテスト

下端にボリュームをつけて「終わり」感を出す

タイトル(h4)のロゴを無くす

XPL本体の下マージンを拡張

after要素を単なる線状の長方形からロゴを含んだ長方形に変更

背景色はタイトルと同じグラデ&ストライプに(グラデの始点をemで指定してモバイル表示時にも文字をカバーするように)

図解とヒントのタグをQ-box風に目立たせる

実装テストと経過観察

2-1:循環小数を分数に

「0.1」で表される循環小数を分数に直しなさい
ヒント

どこまでも続く「1」を一気に消します

(解答)

「0.1」は「0.1111…」 と「1」がどこまでも続きます。このどこまでも続く部分を消すために「0.1」を10倍した数を考えると「1.1111…」になります。

もとの数「0.1」をA,10倍した数をBとして、AとBを縦に並べてみるとこうなります。

B=1.111111111111111…
A=0.111111111111111…

ここで、B-Aをすると…

A(0.1)を10倍したBからAを引く
B=1.11111111…
-)A=0.11111111…
B-A=1.00000000…
循環する部分が全部消える♪

あの無限に続いていた「1」が1つを残して全滅!!してしまいました。ちょっと可愛そうな気もしますね…

とにかく、B-A=1 ということが分かりました!

そしてBはAを10倍したものつまり「Ax10」なので、B-A=Ax10-A=A×9 ですね。

ということは、B-A=A×9=1 になります。

これでAが分かりますね。

A×9=1 を逆算して、A=1÷9=19と分かりました!

19

青(バージョンB)

2-1:循環小数を分数に

「0.1」で表される循環小数を分数に直しなさい
ヒント

どこまでも続く「1」を一気に消します

(解答)

「0.1」は「0.1111…」 と「1」がどこまでも続きます。このどこまでも続く部分を消すために「0.1」を10倍した数を考えると「1.1111…」になります。

もとの数「0.1」をA,10倍した数をBとして、AとBを縦に並べてみるとこうなります。

B=1.111111111111111…
A=0.111111111111111…

ここで、B-Aをすると…

A(0.1)を10倍したBからAを引く
B=1.11111111…
-)A=0.11111111…
B-A=1.00000000…
循環する部分が全部消える♪

あの無限に続いていた「1」が1つを残して全滅!!してしまいました。ちょっと可愛そうな気もしますね…

とにかく、B-A=1 ということが分かりました!

そしてBはAを10倍したものつまり「Ax10」なので、B-A=Ax10-A=A×9 ですね。

ということは、B-A=A×9=1 になります。

これでAが分かりますね。

A×9=1 を逆算して、A=1÷9=19と分かりました!

19
タイトルとURLをコピーしました