[作成中]小学生の算数では「出せない」事柄

小学生の間は「使えない」数値というのがあります。

ある程度勉强したら、「公式(計算)で出せない事柄」を知っておくのも大事です。

なぜなら、その事柄が登場した時にも慌てず「この数値は使わないな」とか「別の方法を考えれば良いのかな」と考えることができるからです。

小学生が計算で出せない事項として重要なのは「正三角形の『高さ』」「正方形の『対角線の長さ』」等です。

これらを計算で出そうと悩むのは時間の無駄なのでやめましょう。

対角線の長さは出せませんが、「対角線の長さ✕対角線の長さ」はよく利用します。

タイトルとURLをコピーしました