作成中]中学受験】分数のある逆算の分かりやすい解き方【小学生

「普通の逆算は解けるけど、分数の逆算は苦手!」という中学受験生の方、安心して下さい。東大卒講師歴20年の図解講師「そうちゃ」が分かりやすくて確実に解ける方法を分かりやすく説明します。この記事を読めば解き方が分からない!ということは無くなりますよ!

頭の準備(復習)

分数の逆算を解く前に軽く復習します。早く問題を解きたい!という人はジャンプして下さい

逆算の基本的な解き方

当サイトでは、問題式の横に「計算例」を書いて考えます。

迷わないように計算例は決めておきます。

当ブログでの計算例

足し算:3+2=5
引き算:3ー2=1
かけ算:3×2=6
割り切り算:6÷3=2
割り余り算

式にカッコがある場合は中を空白だと考えてカッコ全体を求めます。

カッコに入っていない数が三つ以上ある場合二つをカッコに入れて、全体を二つのカタマリにします。

分数計算の復習

分数の四則計算

分母が異なる足し算引き算

通分してから、分子だけを足し引き

12+133626=56

分数×分数

分子同士分母同士をかければ良い

←計算途中で約分をしてもよい

分数÷分数

→分子分母をひっくり返してわり算かけ算にする

自信が無い人は姉妹サイト「そうちゃ式 旧館」の「分数のまとめ」内の分数計算を見て下さい

以上を頭にいれて、分数の逆算をはじめましょう♪

二つの分数の逆算

計算例を書いてから分数計算をはじめましょう

(例:引き算1)□ー114=13

(問題式)   (計算例)
□-114=
□=
□=
□=
□=
□=
13
114+13
54+13
1512+412
1912
1
712
32=
3=
1
2+1
計算例を書いてから計算しましょう

です。1712

 

(例:割り算1)2845÷□=11315

(問題式)   (計算例)
2845÷□=
□=
□=
□=
□=
11315
2845÷2815
28 x 1545 x 28
1 x 13 x 1
13
3=
3=
2
6÷2
右端÷左端で答え

です。13

 

三つの分数の逆算

カッコあり

 

カッコ無し(+-×÷混じり)

 

 

カッコ無し(+-のみ×÷のみ:フラット)

例:フラット乗除

25÷□÷13=11315

全部かけ算割り算の場合、前の2つをカッコにいれましょう。

(問題式)      (計算例)
25÷□÷13=
(25÷□13=
(25÷□)=
25÷□=
□=
=
=
=
11315
2815
13×2815
2845
25÷2845
2 x 455 x 28
1 x 91 x 14
914
(6)÷3=
(6)=
3=
3=
2
3×2
2
6÷2
終了~♪

と分かります。914

 

四つの分数の逆算

数字が四つ以上の逆算も考え方は同じです。

 

 

カッコありフラット

56×1115÷(□-13)=359

 

(問題式)      (計算例)
56×1115÷(□-13)=
(56×1615)÷(□-13)=
89÷(□-13)=
(□-13)=
□-13=
□=
□=
359
329
329
89÷329
14
13+14
712
6÷(3)=
(3)=
3ー2=
2=
2
6÷2
1
3ー1
終了~♪

と分かります。712

 

五つ以上の分数の逆算

 

 

 

爽茶そうちゃ

分数の逆算はこれで終了です!
逆算のまとめに戻る

おすすめ問題集を紹介♪
「計算でる順」(旺文社)は過去問から計算だけを集めた問題集で小3~入試直前まで使えるのでオトクです(私の生徒さん達にも購入してもらっています)。逆算についてもカッコのある・なし、整数のみ・分数・小数など色々なタイプの逆算が収録されています。
●は逆算だけを集めた問題集です。分数計算は(下)にあります。

中学受験でお悩みの方へ

爽茶そうちゃ
いつもお子さんのためにがんばっていただき、ありがとうございます。
受験に関する悩みはつきませんね。
「中学受験と高校受験とどちらがいいの?」「塾の選び方は?」「途中から塾に入っても大丈夫?」「塾の成績・クラスが下がった…」「志望校の過去問が出来ない…」など
様々なお悩みへのアドバイスを記事にまとめたので参考にして下さい。

もしかしたら、自分だけで悩んでいると煮詰まってしまい、事態が改善できないかもしれません。講師経験20年の「そうちゃ」に相談してみませんか?ツイッターメールでの無料相談を受け付けているので、ご利用下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました♪この記事があなたの役に立てたなら嬉しいです!
タイトルとURLをコピーしました