作成中]中学受験】売買計算(損益算)のまとめ!問題の解き方・線分図と面積図も

「売買損益算が難しい!」という中学受験生の方、そのとおりです…

実は売買損益算は「1個の品物の値段」と「多くの品物の販売」の2つのパートがあって、他の特殊算の2倍のボリュームがあるのです!

ですから「1個の品物」→「多数の品物」の順に確実に解き方を学んで行く必要があります。

「大変だなぁ…」と思ったあなた、大丈夫ですよ!

東大卒講師歴20年の図解講師「そうちゃ」が売買損益の2つのパートを順番に分かりやすく説明します。

5年の一学期までに前半を、夏休み中に後半を学習すれば良いでしょう。

記事を読んで例題を解けば売買損益算が苦手ではなくなりますよ♪

売買で「もうける」仕組み

多くの小学生は物を売って儲けた経験が無いので、まず「もうける」仕組みを理解させます

1-0:売買の仕組み

A君は「処分品」として100円で売られているフィギュアを見つけて買って、家で色を塗り「限定フィギュア1000円で買わない?」とお金持ちのB君に声をかけました。
「色がカッコいいから欲しいけど、ちょっと高いなあ」と迷うB君に、A君は「じゃあ半額でいいよ」と答えます。B君は「やった!ラッキー!」と喜んで買ってくれました。
A君は何円もうかりましたか?
(解答)

1000円で売ろうとして半額に値下げしたので500円で売ったことになります。

しかし、500円全額が「もうけ」になるわけではありません。

お店でフィギュアを買うのに100円かかっているので500-100=400円がもうけになります

400

今の問題ではフィギュアの値段が3種類でてきました。それぞれ名前がついていて、売買の問題でも使われるので覚えて下さい。

①お店で買った値段(=100円)
品物を用意するのにかかった金額を「原価(げんか)」や「仕入値(しいれね)」と呼びます。

②最初につけた値段(=1000円)は「定価(ていか)」と呼びます

③実際に売れた(値引きした)値段(=500円)を「売値(うりね)」や「売価(ばいか)」と呼びます。

このように、価格は❶原価(100)→❷定価(1000)→❸売値(500)と変わり、最初の原価と最後の売値の差(500-100)が「もうけ」=「利益」になります。

途中の値段(定価)は利益と無関係なことに注意しましょう!

売買と利益

◆価格の変化
❶原価❷定価❸売値

◆利益
利益=❸売値❶原価

(例)原価100円の品物に1000円の定価を付けて
500円に値引きして売る
→利益は500-100=400円

テストで確認してみましょう。

確認テスト(タッチで解答表示)

1000円で作った人形を2000円の定価で販売したが、売れないので500円値下げしたら売れた。利益はいくらか?→( 原価1000→定価2000→売値1500なので、利益は1500-1000=500 )

300円で買ったバナナを500円で販売したが売れないので次の日に150円値下げしたのにまだ売れない。さらに100円値下げしたらやっと売れた。利益はいくらか?→( 原価300→定価500→売値350→売値250で、最後の売値が原価より低くなっていて利益は無い。300-250=50円の損失(赤字) )

次は、もう少し本格的に売買計算を行いますが、その前に…

価格の決定と図

さっきは定価の決め方はテキトーで売値も「○円値下げ」と決めていましたが、実際には割合の「増し」「引き」を使って決定することが多く、受験算数の問題もほとんどそうなっています。

割合と「増し」「引き」(復習)

割合の基本知識を復習します。「大丈夫♪」な人はジャンプして下さい

割合の意味

割合の意味

→あるモノが別のモノの「何倍」かを表した数

割合の公式(矢印図)

●矢印図
3つの数が「A×B=C」の関係にある時
矢印の向きに沿ってA,B,Cを並べた図
B(矢の数)が割合を示している

(例)「2×3=6」の矢印図
基本形
「2×3=6」
「2の3倍は6」
「6は2の3倍」
発展形

分かりやすい割合の図「矢印図」の発展形

逆向きの矢印を付ける

●矢印図による割合の公式
さきの数(6)=もとの数(2)×矢の数(3)
矢の数(3)=さきの数(6)÷もとの数(2)
もとの数(2)=さきの数(6)÷矢の数(3)

くわしくは姉妹サイト「そうちゃ式別館」の記事「割合の基本」を見て下さい

割合の単位

パーセントや歩合はそのままでは矢の数として計算に使えません。「~倍」という小数・分数に直します。

パーセント(%)(百分率)の意味

→あるものを100等分したうちのいくつか

「1%」→あるものを100等分したうちの一つ
「100%」→あるもの全体(×1と同じ)

「~%」から「~倍」(その2)

%」の分母に100をつける

「100%」→「×100100-(約分)→「×1」

「200%」→「×200100-(約分)→「×2」

「50%」→「×50100-(約分)→「×12
「50%」→「×50100-(または)→「×0.5」

「25%」→「×25100-(約分)→「×14
「25%」→「×25100-(または)→「×0.25」

「6%」→「×6100-(約分)→「×350
「25%」→「×25100-(または)→「×0.06」

%」が小数なら分母に1000や10000を

「12.5%」→「×1251000-(約分)→「×18
「25%」→「×25100-(または)→「×0.125」

歩合は%に直すようにするとラクです。

歩合を%と~倍(小数・分数)に

●基本ルール
1割=10%=10100=×0.1
1=1%=1100=×0.01
1りん=0.1%=101000=×0.01

(例)
4厘3分2割=.420%=20100=×0.2
4厘2割3分.423%=23100=×0.23
2割3分4厘23.4%=2341000=×0.234

増し引き

もと(100%,10割)から増えるか減るかを考えること

「増し」の意味

もとの数(100%、10割)に加える

(例)10%増し
=100%+10%=110%=もとの数×1.1

(例)3割増し
=(10割+3割=13割=もとの数×1.3
または=30%増し=130%=もとの数×1.3

(例)3割2分増し
=32%増し=(100+32)%=132%=×1.32

「引き」の意味

もとの数(100%、10割)から引く

(例)10%引き
=100%ー10%=90%=×0.9

(例)3割引き
=10割-3割=7割=×0.7
または=30%引き=70%=×0.7

(例)3割2分引き
=32%引き=100%ー32%=68%=×0.68

くわしく復習したい人は姉妹サイト「そうちゃ式別館」の記事「割合の単位」を見て下さい。

値段の変化を計算する

以上の割合の知識を使って、値段の変化を計算します。

原価→定価

定価を決めるときは、「原価の40%増し」「4割の利益を見込んで」など割合で表現します。

・「40%増し」=「100%+40%」=「140%」=「×1.4」です
・「4割の利益を見込んで」=「4割増し」=「40%増し」なので、同じく=「×1.4」です

例えば「原価が1200円の品物に50%増しの定価をつけた」場合、原価1200×1.5=定価1800になります。

「矢印図」にするとこうなります。

「原価に50%の利益を見込んで
定価をつける」

原価×1.5=定価
の矢印図になる

定価→売値

定価の後に、売値を決めるときは「定価の25%引き」「定価の3割5分引き」などの表現を使う

・「25%引き」=「100%-25%」=「75%」=「×0.75」です
・「3割5分引き」=「35%引き」=「100-35」=「65%」=「×0.65」です

例えば、「定価1800円の品物を2割引きで売った」場合、定価1800×0.8=売値1440になります。

「矢印図」にするとこうなります。

「定価の2割引きの売値をつける」

「定価×0.8=売値」
の矢印図になる

原価→定価→売値。そして利益

上の2つの変化をまとめて、品物を準備してから売り渡すまでの「原価→定価→売値」の変化は「二段の矢印図」になります。

例えば「原価が1200円の品物に50%増しの定価をつけ、2割引きで売った」を矢印図にすると、こうなります。

「原価が1200円の品物に
50%増しの定価をつけ
2割引きで売った」

二段の矢印図になります

原価と売値の差を利益として書くと完成です。

「原価が1200円の品物に50%増しの定価をつけ
2割引きで売った時の利益」矢印図

原価と売値の差が利益になります

まずはこの矢印図を書ける(イメージできる)ようにして下さい

確認テストをどうぞ

(2021.7.16作成中)

価格決定の線分図

矢印図でも問題は解けますが、もっと直感的に簡単に解くために「線分図」にしてみましょう

さっきと同じ問題を使います

3-0:線分図の書き方

原価が1200円の品物に50%増しの定価をつけ、2割引きで売った。利益はいくらか?

矢印図はこうでした。

矢印図

説明書き

線分図にするには、上から原価、定価、売値の線分図をタテに3段で並べ、矢印でつなぎます。

「原価が1200円の品物に50%増しの定価をつけ
2割引きで売った」線分図

三段の線分図ができる

そして利益を原価と売値の差として書きます。

「原価が1200円の品物に50%増しの定価をつけ
2割引きで売った時の利益」線分図

線分図にすると
「売値-原価=利益」が一目で分かる。

これが売買損益算で使う「多段の線分図」です。

「原価が1200円の品物に50%増しの定価をつけ
2割引きで売った時の利益」を図にする
矢印図
=
四段線分図

2つの図は同じ内容を表している

このような「短」「長」「中」の三本と「短・中の差」の四本という「4段の線分図」が一番多く利用するパターンです。

確認テスト

 

 

線分図が書けるようになれば、問題を解く準備は完了です♪

単独売買(価格決定)の問題

「相当算・還元算」と似た解き方になるので、関連記事「相当算・還元算の図の書き方・解き方」を見ておくと良いでしょう。

原価を求める問題

売値と利益から原価①を求める

例題1
原価に3割の利益を見込んで定価をつけた品物を1割引きで売ったところ、 円の利益になった。原価を求めなさい。

定価を求める

例1
原価と(期待した)利益から、何割増しの定価をつけたのか聞かれる

 

例2
2種類の売値から定価①と原価を求める

ある品物を定価の1割引きで売ると 円の利益になるが、 3割引きで売ると 円の赤字になった。定価と原価を求めなさい

売値(値引きの割合)を求める

原価・定価と利益から、何割引きの売値をつけたのか聞かれる

 

次は複数の品物を売る場合の計算です。

 

複数個売買の仕組み

売上と利益

これまでは一個の品物しか考えませんでした(単数売買)が、ここからは沢山の品物を販売する場合(複数個売買)について考えます。

5-0:複数個の売買

A商店では1200円の品物を100個仕入れて、5割増しの定価を付けた。70個は定価で売れたが、残り30個は定価の2割引きで売り、100個を完売した。利益はいくらになるか?

はじめに商品を仕入れる時点で1200円×100個=120000円を支払っています。12万円…けっこうな大金ですね!

このような仕入れにかかった金額を仕入総額(しいれそうがく)といいます。

仕入総額=原価×仕入れ個数

次に価格を出しておきましょう。

定価は原価1200円の5割増しなので1200×1.5=1800円で、値引きした金額は1800×0.8=1440円です。これは単独売買の考え方そのものです。

((図))

そして70個は定価の1800円で売れたので1800×70=126000円、残り30個は1440円で売れたので1440×30=43200円、合計で558000円をゲットしました!

「やったーー♪55万円も儲かったぞ!」

と思うのは気が早い。だって…仕入れに12万円(仕入総額)使っていましたね。

55万8千円12万円を引いた43万8千円が「利益」になります。それでもけっこう儲かったので良かった良かった…

438000円

このように、実際に売れた個数×売れた値段の合計を「売上高」と呼び,そこから仕入れ総額を引いたものが利益になります。

複数個売買の利益=売上高-仕入総額

を憶えておきましょう。

複数個売買の用語

●仕入総額
商品を準備する(仕入れる)のにかかるお金
原価×仕入れた商品の個数

●売上高
実際に売れた値段の合計金額

●利益
売上高-仕入れ総額

確認テスト

 

複数売買の面積図

単数売買は線分図を使いましたが、複数売買では面積図を使います。先程の例を面積図にしてみます

5-1:複数個売買の面積図

A商店では1200円の品物を100個仕入れて、5割増しの定価を付けた。70個は定価で売れたが、残り30個は定価の2割引きで売り、100個を完売した。利益はいくらになるか?

まず仕入れ総額を面積図にすると、タテ ×ヨコ = の長方形にできます。

(青い長方形)

次に定価での売上高は、タテ ×ヨコ = 長方形に、値引きしての売上高はタテ ×ヨコ = の長方形になるので、合わせるとつるかめ算に出てきたような「L字形」の面積図になります

(赤いL字形)

2つの図形を重ねると、こうなります。

(長方形とL字形を重ねた図)

そして、売上高(長方形)と仕入れ総額(L字形)の差が利益になります。

完成した面積図

売上高(赤いL字形)と仕入総額(青い長方形)
の差が利益になる(紫の部分)
この問題ではたまたま図示されている

今回は、L字型の中に長方形がすっぽり収まっているので利益が面積図にも図示されています。

利益が面積図に図示されない場合もあり、それが売買損益が難しい原因です。

これ以外にもいくつかのパターンがあります。順番に見ていきましょう

複数個売買のパターン

簡単なパターンから複雑なパターンへと順番に見ていきます

定価で完売(利益は図示される)

全部の品物が定価で売り切れた幸運な場合。
利益は単純な長方形として確認できます

(1)実例と面積図

(2)例題

値引きで完売(利益は図示される)

定価では全部が売れなかったものの、値引きをしたら残りが全部売れた場合

この場合、利益はつるかめ算のような形で確認できます。

(1)実例と面積図

(2)例題

(3)二回値引きをした場合

売上高の面積が三段になる

捨て値で完売(利益は図示されない)

値引きしても売れ残るので、最後は原価よりも安い「捨て値」で全部売り切った場合

この場合、利益は図に表せないことに注意!
「売上高-仕入総額」という数字で考えるしかありません

(1)実例と面積図

(2)例題

(3)二回目の値引きが「捨て値」の場合

三段になります

売れ残り(利益は図示されない)

値引きをしても結局、全部は売れなかった場合

この場合も利益は図に表せないことに注意。
「売上高-仕入総額」という数字で考えるしかありません

(1)実例と面積図

(2)例題

(3)値引きを二回以上した場合

三段になります

おしらせ

小学生の歴史学習ために年表教材を作りました。「歴史年表をダウンロード」を御覧ください。

中学受験でお悩みの方へ

そうちゃ
いつもお子さんのためにがんばっていただき、ありがとうございます。
受験に関する悩みはつきませんね。
「中学受験と高校受験とどちらがいいの?」「塾の選び方は?」「途中から塾に入っても大丈夫?」「塾の成績・クラスが下がった…」「志望校の過去問が出来ない…」など
様々なお悩みへのアドバイスを記事にまとめたので参考にして下さい。

もしかしたら、自分だけで悩んでいると煮詰まってしまい、事態が改善できないかもしれません。講師経験20年の「そうちゃ」に相談してみませんか?対面/オンラインの授業/学習相談を受け付けているので、ご利用下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました♪この記事があなたの役に立てたなら嬉しいです!
タイトルとURLをコピーしました