作成中]中学受験】比の基本問題まとめ【問題集

中学受験生で「比が苦手!」という人もいるかもしれません。確かに比の利用問題(図形と比、速さと比)は難しいのですが、比そのものには簡単な問題も多いんですよ。まずは簡単な問題を完全に定着させて、難しい問題に少しづつ挑戦しましょう。
この記事では東大卒講師歴20年の図解講師「そうちゃ」が比の基本から文章題までを説明します。全部をマスターすれば比の利用問題にもチャレンジできるでしょう!

目次をクリックすると好きな箇所にジャンプできます。

比の意味

比の形と呼び方

前項 後項

意味することを線分図にする

比の値

1:2 の時、AとBの比の値は12 (AはBの12ということ)

比の基本操作

前後の項に同じ数をかける・割るしても比は等しいまま(分数の倍分・約分と同じ)

これを利用して比を単純化する

例題

 

 

この時、内項の積と外項の積は常に等しくなっている

連比

意味

 

連比の作成

二組の比から連比を作る

 

 

比例式

「x:3=8:6」のときxを求める問題。解法が2つあります。

解法1

「右項と左項に同じ数をかけるか割るかする」という比の基本操作を利用する。

「4:3=A:6」の場合、右項が3→6と2倍になっているので、左項にも2をかけて4→8なのでA=8と分かる

パッと見で何倍と分かる場合はこのやり方でよいが、そうでない場合は面倒くさくなる。

「4:3=A:5」の場合、右項が3→5で何倍になっているか調べると、5÷3=53倍になっているので、左項にも53をかけてA=4×53=203と分かる。

これを一気に出すのが解法2です。

解法2

「内項の積と外項の積は常に等しくなっている」のを利用します

例題

 

類題

 

比の文章題

ここでは線分図を書かずに解く問題を紹介します。

単位量の問題

例えば「12Lで84km走れる車は40Lで何km走れるか?」という問題

比を学習する前は1Lで走れる距離を出して40倍して求めていましたが、これを比で解きます。

燃料と道のりの比を式にすると「燃料:道のり=12:84=40:?」になり、これを解いて?=84×40÷12=280km と一発で出せます。

確認テスト

 

分数(約分すると…)の問題

例えば「約分すると35になり分母と分子の和が56になる分数を求めよ」という問題

「約分すると35になる」分数は、分子と分母の比が3:5なので、分子を③分母を⑤と置くことができ、③+⑤=⑧=56 ということです。

あとは、分配算として解きます。

図:約分すると35になって
分子と分母の和が56
分子
3
分母
5
測定線
合計
=56

=7

⑧=56より➀=7なので
分子③=21、分母⑤=35

詳しくは関連記事「分配算まとめ」を見て下さい。

狂った時計

例えば、「『1時間で3分進む』時計を朝の7時に時刻合わせした。正午の時報がなった時、この時計は何時何分を指しているか?」

(修理してくれよ…というのは無しw)

「1時間で3分進む」場合、正しい時計と狂った時計の進む時間の比は60:63なので、この問題ではこの比を使った比例式を解いていきます。

正午までに正しい時計が進んだ時間は60×5=300分なので「正:狂=60:63=300:?」という比例式が出来ます。

これを解いて、?=300×63÷60=315分。狂った時計は315分=5時間15分進むので、7:00+5:15=12:15分と分かります。

その逆「狂った時計が正午の時報を鳴らすのは正確な時計で何時何分か?」という場合は「正:狂=60:63=?:300」という比例式が出来ます。

これを解いて、?=300×60÷63=20007=28557分=4時間4557分なので、7時に加えて、11時4557分と分かります。

線分図を使った問題については関連記事「分配算(比)と倍数算」を見て下さい。

逆比

逆比の意味

 

逆比の作り方

その1

2数の比の場合は前後を逆にするのが簡単です。

3:5を逆比にすると5:3になります。

その2

それぞれを逆数にする。3数の比の場合に便利

1:2:3を逆比にすると11:12:13になります。これを単純化して、6:3:2 が答えです。

逆比の利用

明示問題

「AのX倍とBのY倍が等しい」と書いてある場合、無条件にA:B=Y:Xになります。

これを使って分配算のように解きます。

暗示問題

有名なのは「二本の棒が水面から出ている問題」で、この場合水面下の長さが等しくなっています。

例えば「AB2つの棒をプールの底にまっすぐ立てたらAは1/4がBは1/5が水面より上に出た。ABの長さの比を求めよ」という場合、水面下にあるのはAの3/4、Bの4/5なのでAの3/4、Bの4/5が等しくなる。

これを逆比にした 4/5:3/4 がABの比になります。あとはこの比を単純化して(両方20倍)、A:B=16:15と分かります。

確認テスト
Aが貯金の25%,Bが貯金の3割を使ったら残りの金額が同じになった。最初の貯金額の比を求めよ。

 

比の積と商

 

 

爽茶そうちゃ
比の基本的な問題は以上です。

中学受験でお悩みの方へ

爽茶そうちゃ
いつもお子さんのためにがんばっていただき、ありがとうございます。
受験に関する悩みはつきませんね。
「中学受験と高校受験とどちらがいいの?」「塾の選び方は?」「途中から塾に入っても大丈夫?」「塾の成績・クラスが下がった…」「志望校の過去問が出来ない…」など
様々なお悩みへのアドバイスを記事にまとめたので参考にして下さい。

もしかしたら、自分だけで悩んでいると煮詰まってしまい、事態が改善できないかもしれません。講師経験20年の「そうちゃ」に相談してみませんか?ツイッターメールでの無料相談を受け付けているので、ご利用下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました♪この記事があなたの役に立てたなら嬉しいです!
ここから保管セクション

保管セクション

 

ここまで保管セクション

タイトルとURLをコピーしました