作成中]中学受験】年齢算の図の書き方解き方は?差が等しい事を使う線分図系の問題

分配算の解き方(復習)

 

もっと復習したい人は関連記事「分配算」を見て下さい。

 

年齢算

分配算では固定された二人(三人)の状態を考えましたが、これが変化する場合を考えます。

例えば

このように時間が経過することで二人の年齢の「比」が変化する問題を「年齢算」と言います。

 

年齢算の解き方

二人の年齢差はずっと変わらないので「差が変わらない」「差と比の分配算」として解く

整数の年齢算(受験小4)

 

 

 

小数・分数の年齢算(受験小5)

 

 

年齢算は以上です。

年齢算に似た問題

変化する量が等しい場合

時間の経過はありませんが、同じ量の変化が起こる場合は差が等しくなります。

例えば「Aは900円、Bは700円持っていた。2人が同じ金額を使ったところ、AはBの2倍になった。2人はいくら使いましたか?」という問題です。

とりあえず図を書きますが、使う「前」と「後」を1つにまとめるのは難しいので、無理をせずに「変化前」「変化後」の2つの図を書きます。

最初は分かることだけを素直に、単純に書きます。

AとBは同じだけ使っている(減っている)ので、二人の差は(前)の200円から変わりません!これを図に書き込みましょう。

「➀(後B)=200」と分かれば、あとは今までの分配算と同じ計算で➁(後A)=200×2=400です。

計算が終わったら問題をもう一回よんで、質問に答えます。「2人が使った金額」なので前A-後Aで900-400=500円です。

この問題と反対にお金が増える(例えば2人とも同じ金額をもらった)場合も同じように考えればOKです。

変化する分配算(その1)

同じだけ減ったり増えたりする場合、二人の差は一定。

確認テストをどうぞ♪

確認テスト(タッチで解答表示)

Aは750円、Bは150円持っている。2人が同じ金額をもらったら、AはBの2倍になった。いくらもらったか?
→( もらう前の二人の差は750-150=600円 )
→( もらった後の二人の差➁-➀=➀も600円 )
→( ➀(後B)=600円なので➁(後A)=600×2=1200円 )
→( もらった金額は600(後B)-150(前B) または 1200-750で450円 )

応用テスト(タッチで解答表示)

端数あり

 

爽茶そうちゃ
年齢算のように「差が等しい問題」は以上です。
オススメ問題集を紹介

中学受験でお悩みの方へ

爽茶そうちゃ
いつもお子さんのためにがんばっていただき、ありがとうございます。
受験に関する悩みはつきませんね。
「中学受験と高校受験とどちらがいいの?」「塾の選び方は?」「途中から塾に入っても大丈夫?」「塾の成績・クラスが下がった…」「志望校の過去問が出来ない…」など
様々なお悩みへのアドバイスを記事にまとめたので参考にして下さい。

もしかしたら、自分だけで悩んでいると煮詰まってしまい、事態が改善できないかもしれません。講師経験20年の「そうちゃ」に相談してみませんか?ツイッターメールでの無料相談を受け付けているので、ご利用下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました♪この記事があなたの役に立てたなら嬉しいです!
タイトルとURLをコピーしました