作成中]中学受験】小数・分数・比を使う分配算の分かりやすい解き方!

主に小5の中学受験生の方へ、東大卒講師歴20年の図解講師「そうちゃ」が小数・分数倍や比を使った分配算の解き方を線分図と共に説明します。
記事の真似をすれば得意になるでしょう。

目次をクリックすると好きなところへジャンプできます。

 

分配算の解き方(復習)

主に4年で学習する整数倍の分配算を軽く復習します。大丈夫という人はジャンプして下さい

二量(和と比)の分配算

二量(差と比)の分配算

三量(和と差と比)の分配算

もっと詳しく復習したい人は「分配算の解き方」を見て下さい。

ピッタリ倍(端数が無い)の場合

ここからは「1.5倍」とか「32倍」というような小数倍・分数倍または「2:3」という比の問題です。

ちなみに「1.5倍」「32倍」「2:3」は全部同じ意味です。これが分からない人は「比の基本」を見て下さい。

端数がある場合

ここからは「○倍より◎多い」など端数がある場合です。線分図を丁寧に書いて解きましょう。

中学受験でお悩みの方へ

爽茶そうちゃ
いつもお子さんのためにがんばっていただき、ありがとうございます。
受験に関する悩みはつきませんね。
「中学受験と高校受験とどちらがいいの?」「塾の選び方は?」「途中から塾に入っても大丈夫?」「塾の成績・クラスが下がった…」「志望校の過去問が出来ない…」など
様々なお悩みへのアドバイスを記事にまとめたので参考にして下さい。

もしかしたら、自分だけで悩んでいると煮詰まってしまい、事態が改善できないかもしれません。講師経験20年の「そうちゃ」に相談してみませんか?ツイッターメールでの無料相談を受け付けているので、ご利用下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました♪この記事があなたの役に立てたなら嬉しいです!
タイトルとURLをコピーしました