中学受験】小数の応用問題

小数の応用問題を解きたい」という中学受験生の方、おまかせ下さい。東大卒講師歴20年の図解講師「そうちゃ」が問題と分かりやすい解説を用意しました!

カードで数を作る問題

数字と小数点が書いてあるカードを並べ替えて小数を作る問題を考えます。

●例題1

「1」「2」「3」「.」と書かれた4枚のカードを並び替えて数を作るとします。以下の問いに答えなさい。

ヒント

「場合の数」の順列の問題です。「樹形図」を書くと良いでしょう。

1(1)
「1」「2」「3」「.」と書かれた4枚のカードを並び替えて数を作るとき、一番小さい数は何ですか?
図解

4枚のカードを並べる場所を「A」「B」「C」「D」とします。

図1:四つの置き場

4ケタの数を作る→カード置き場が四つ

カードの並べ方を「樹形図」で調べます。スペースの上に「項目(この場合は置く場所の名前)」を書いたら、まずAに置くカードを小さい順に書きます(小数点は置けませんね)。

図2:

Aに置けるカードは三種類。「.」はダメ

次に1に続いてBに置くカードを書きます。今度は小数点も使えるので、小数点から小さい順に書きます。

図3:

Bには「.」も置ける

さらに「1」「.」の次にC・Dに置くカードを書きます。これで一番小さい数「1.23」と二番目に小さい数「1.32」が出来ました。

図4:

CとDにもカードを置いて終了

1.23

2(2)
「1」「2」「3」「.」と書かれた4枚のカードを並び替えて数を作るとき、何個の数が作れますか?
図解

さっきの続きを書いて「1」で始まる数を全部書くと4つありました。

図1:

「1」で始まる数は4つできる。

「2」で始まる数の樹形図も同じ形になるだろうと予想して省略し「4つ」とだけ書きます。

図2:

「2」で始まる数は書かずに予想

「3」で始まる数も4つあるはずですね。

図3:

「3」で始まるカードも4つのはず
(ここでは小問3に備えて書いている)

全部で4×3で12個です。12

1(3)
「1」「2」「3」「.」と書かれた4枚のカードを並び替えて数を作るとき、一番小さい数と一番大きい数の差はいくつですか?
図解

さっきの樹形図で「3」で始まる数は全部書きだしておいたので、一番大きい数は「32.1」と分かりました。

図1:

丁寧に書けば分かります。

一番大きい「32.1」と一番小さい「1.23」の差なので、32.1-1.23=30.87です。

30.87

練習問題を作成中です(2020.4.5)

循環小数の問題(周期算)

作成中

 

爽茶そうちゃ
これで小数の応用問題は終了です!
大数/小数/分数/がい数のまとめ」に戻る

中学受験で悩んでいませんか?

中学受験でお悩みの方へ

爽茶そうちゃ
中学受験に関するお悩みはありませんか?
20年の講師経験の中で寄せられた様々なお悩みについて「お悩みアドバイス」としてまとめました。どうぞ御覧ください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました